和婚 東京 料亭ウェディング 神社結婚式 の胡蝶 

和婚 東京 料亭ウェディング の「胡蝶」 

info@cocyoo.jp TEL03-5544-8300


和婚

【和婚ブログ】和婚の衣装 紋付羽織袴

ご新郎の式服といえば『紋付羽織袴』
袴姿のご新郎からは、凛々しさが漂ってくるようです! 

着物と羽織には、家紋を白く染め抜いた「日向五つ紋」を付け、黒羽二重を用います。
袴は米沢を主な産地とした仙台平という縞の絹地織りが、代表的です。

袴は二種類あるのをご存知でしょうか?
武士が馬に乗る袴と同じように左右それぞれに足を入れる「馬乗袴」
スカートのように筒状になっている「行燈袴」 がございます。
胡蝶の提携衣装室では、古来より本式である「馬乗袴」を取り揃えております。

黒地の他に、グレーや白、茶など落ち着きのある色使いやぼかし染め、織模様のある色紋服等・・・男性のお衣裳も種類が豊富。 ご新婦のお衣裳に合わせるのもお洒落ですね。

じっくりとご試着をして、お似合いの袴をお選びになってください。

 

料亭ウェディング・和婚コーディネートの「胡蝶」:執筆(KEIKO)

和婚ブログ|コンセプトデザイン

一番はじめのお打合せで「コンセプトデザイン」を行っています。

 

十人十色、様々な想いをどのようにかたちにしていくか・・・

深く掘り下げると 新郎新婦の共通点や想いが見えてくるものです。

 

例えば、『親族のみの御披露宴で 親族同士の親睦を深めたい』というコンセプトを

かたちにしていくと・・・

・披露宴の中で、ご家族毎に一言スピーチを行う

・席次表に、新郎新婦とのご関係柄を詳細に記載する

・両家の家紋を並べたデザインで招待状・席札・席次表を作成する

・親族固めの盃を交わす(神社での結婚式を行わない場合)   

 

というように、進行内容や室礼は、コンセプトによって変わってきます。

はじめにお打合せを行うのは、コンセプトが様々なことを決めていく柱だからなのです。

 

和婚コーディネートの「胡蝶」では、コンセプトのデザインを一緒に創り、和婚のアイディアをご紹介しながら、佳き日のお手伝いをさせていただいております。

どうぞお気軽にお問い合わせくださいませ。

 

執筆:和婚コーディネート・料亭ウェディングの「胡蝶」(KANAKO)

Google

 

 

【和婚ブログ】和婚の衣装 十二単

平安時代からの伝統的な宮廷装束である「十二単」

 

四季の変化を取り入れ様々な色の衣を重ね合わせた「十二単」は、

花嫁衣裳にとてもおすすめです。

 

色や濃淡の組合せで季節を表現した

日本人の美意識の高さが感じられることでしょう。

 

十二単の髪型は、大垂髪(おおすべらかし)に結い上げます。

(おかつらのご用意もございます)

現代的に洋髪アップでアレンジも宜しいと思います。

檜扇(ひおうぎ)を手に持つと より一層優雅な雰囲気となることでしょう。

 

胡蝶提携の美容室『ローズベールブライダル』では、

高度な技術を要する十二単のお着付けやヘアメイクを対応させていただいております。

 

料亭ウェディング・和婚コーディネートの「胡蝶」:執筆(KEIKO)

【和婚ブログ】和婚の衣装 黒引振袖

 

黒引振袖 by胡蝶

黒引振袖 by胡蝶

 

かつて大正から昭和初期に人気のあった「黒引振袖」は、

今でも とても好まれる花嫁衣裳です。

 

袂は裾に届くほど長く、

黒の地色に描かれた吉祥文様や刺繍の美しさが、殊のほか映えた振袖。

その裾をお引きに着付けて角隠しをつけた花嫁姿には、

白無垢とはまた違った初々しさと気品が漂います。

 

「黒引振袖」は挙式のほか、披露宴のお色直しのシーンでもおすすめです。

白無垢よりは、衣装を着た時の重さを感じさせず動きやすい所も、

大きな魅力のひとつとなっています。

 

胡蝶提携の衣装室【マ・シェリ】では、全て正絹の上質なお衣裳を揃え、

完全個室のフィッティングルームをご用意しております。

お衣裳の見学会も行っておりますので、是非どうぞ。

 

料亭ウェディング・和婚コーディネートの「胡蝶」:執筆(KEIKO)

 

【和婚ブログ】目上の方への心遣い

上の方への心遣い

目上の方への心遣い by胡蝶

ご列席者の方への心遣いの中で

目上の方に、深い敬意をあらわしていくことも大切なことです。

 

お迎えからはじまり、

御席次の位置、ご挨拶のタイミングの配慮、

お料理やお飲物のお好みも 把握すると宜しいと思います。

 

お帰り時にタクシーが必要かどうか

途中でお帰りになることの想定など・・・送賓に至るまで

いろいろと気を付けるところがありますので、

ウェディングプランナーとともに、念入りに事前のお打合せを行います。

 

関係するセクションと綿密に連携をとりながら、

新郎新婦の「おもてなしの心」を伝えさせていただきます。

 

執筆:料亭ウェディング・和婚コーディネートの「胡蝶」(KANAKO)

【和婚ブログ】二部式ウェディングのすすめ

二部式ウェディングのすすめ

料亭ウェディングでおもてなし by胡蝶

会場を決める上では、ご新郎ご新婦のお好みに合うことは大前提ですが、

同時に御列席者の御顔を思い浮かべながら、ご満足いただける内容を考えることも大切なこと。

ただ実際には、お好みや年代層が異なるご列席者全てが、心底良かった!

と思えるウェディングは、結構難しいように思えます。

 

そこで、二部式ウェディングという

ご親族、ご友人それぞれのお好みに合ったスタイルで行うウェディングは、いかがでしょう!

 

ご親族中心で料亭ウェディングを。 季節感溢れる会席料理と本格的な室礼、

熟練した接客者の丁寧な対応。

さりげなく飾ってある絵画や掛軸など、ご親族の方に充分ご満足いただける室礼と思います。

料亭ならでは、芸姑さんの演出もおすすめです。

踊りはもちろんのこと、御席に入ってのお酌など、洗練された身のこなしと優雅な振舞いは、

祝宴に華を添えることでしょう。

 

ご友人とは、フランス料理やイタリア料理など、お洒落な雰囲気のお店で立食パーティーを。

音楽や装飾に凝ってみたり、 サプライズ演出など、楽しめる会場で。

参加しやすい会費にするのも喜ばれることでしょう。

 

様々なウェディングのスタイルがありますが、

「おもてなし」をどう表現するか という目線は肝要なことと思います。

 

胡蝶では、会場選定からご相談に乗らせていただいております。

どうぞお気軽に お問合せくださいませ。

 

 執筆:料亭ウェディング・和婚コーディネートの「胡蝶」 (KANAKO)

 

 

【和婚ブログ】和婚の衣装 綿帽子

料亭ウェディング・和婚コ0ディネートの「胡蝶」

和婚の衣装 綿帽子 by胡蝶

純白の花嫁衣装「白無垢」に「綿帽子」をつけた花嫁姿には、

厳粛な挙式での凛とした美しさが漂います。

 

花嫁様の頬を柔らかくつつみ、

優しさと可愛らしさをも醸し出す「綿帽子」は

もとは防寒用品だった真綿を引き伸ばして被ったものでした。

凛々しさと奥ゆかしさ、日本の伝統を踏まえた美しいお姿は、

忘れえぬ思い出になることでしょう。

 

胡蝶提携の衣装室【マ・シェリ】では、全て正絹の上質な衣装をご用意しております。

完全個室のフィッティングルームにて、衣装担当の専門スタッフが丁寧に対応させて頂きます。

 

執筆:料亭ウェディング・和婚コーディネートの「胡蝶」(KEIKO)

【和婚ブログ】結婚式におすすめの神社

和婚プロデュース・料亭ウェディングの「胡蝶」

和婚 神社での結婚式 by料亭ウェディングの「胡蝶」

有名な神社もいいですが、ご縁のあるところ、

できれば氏神様を祀る神社がおすすめです。

 

結婚式は人生儀礼の一つであり、

これからご家族の節目節目(お宮参り、七五三、成人式、合格祈願など)で

神社に参拝する機会があることでしょう。

 

結婚式後も神社とのつながりを通して

豊かな関係が構築されていくのが、理想であると思います。

 

神社選びから ご相談を受け付けておりますので、まずはお気軽に

お問合せくださいませ。

 

執筆:料亭ウェディング・和婚コーディネートの「胡蝶」(KANAKO)