和婚 東京 料亭ウェディング 神社結婚式 の胡蝶 

和婚 東京 料亭ウェディング の「胡蝶」 

info@cocyoo.jp TEL03-5544-8300


衣装

【和婚ブログ】和婚の衣装 紋付羽織袴

ご新郎の式服といえば『紋付羽織袴』
袴姿のご新郎からは、凛々しさが漂ってくるようです! 

着物と羽織には、家紋を白く染め抜いた「日向五つ紋」を付け、黒羽二重を用います。
袴は米沢を主な産地とした仙台平という縞の絹地織りが、代表的です。

袴は二種類あるのをご存知でしょうか?
武士が馬に乗る袴と同じように左右それぞれに足を入れる「馬乗袴」
スカートのように筒状になっている「行燈袴」 がございます。
胡蝶の提携衣装室では、古来より本式である「馬乗袴」を取り揃えております。

黒地の他に、グレーや白、茶など落ち着きのある色使いやぼかし染め、織模様のある色紋服等・・・男性のお衣裳も種類が豊富。 ご新婦のお衣裳に合わせるのもお洒落ですね。

じっくりとご試着をして、お似合いの袴をお選びになってください。

 

料亭ウェディング・和婚コーディネートの「胡蝶」:執筆(KEIKO)

【和婚ブログ】和婚の衣装 十二単

平安時代からの伝統的な宮廷装束である「十二単」

 

四季の変化を取り入れ様々な色の衣を重ね合わせた「十二単」は、

花嫁衣裳にとてもおすすめです。

 

色や濃淡の組合せで季節を表現した

日本人の美意識の高さが感じられることでしょう。

 

十二単の髪型は、大垂髪(おおすべらかし)に結い上げます。

(おかつらのご用意もございます)

現代的に洋髪アップでアレンジも宜しいと思います。

檜扇(ひおうぎ)を手に持つと より一層優雅な雰囲気となることでしょう。

 

胡蝶提携の美容室『ローズベールブライダル』では、

高度な技術を要する十二単のお着付けやヘアメイクを対応させていただいております。

 

料亭ウェディング・和婚コーディネートの「胡蝶」:執筆(KEIKO)

【和婚ブログ】和婚の衣装 大振袖

振袖のなかでも、花嫁衣装の「大振袖」は特別の仕立になっています。

 

袖丈は裾に届くほど長く、

比翼仕立で二枚かさねの雰囲気に仕立て、

へりに綿を入れてふっくらとさせた裾まわり(ふき)。

さらに振袖よりもはっきりした色使いや吉祥文様が施され、

花嫁衣装にふさわしく帯は丸帯、懐剣などのお小物で華を添えます。

 

幸せが重ねてくるようにとの願いが込められた「大振袖」は、

披露宴のお色直しにとても人気があり、

花嫁をより一層美しく可憐に引き立てることでしょう。

 

 

胡蝶提携の衣装室【マ・シェリ】では、

表地も裏地も全て正絹の衣装を使用した上質なお衣装をご用意しております。

最初の着物試着から最終的なお小物合わせまで、

衣装担当が丁寧に対応させていただきます。

 

 

料亭ウェディング・和婚コーディネートの「胡蝶」:執筆(KEIKO)

 

 

 

【和婚ブログ】和婚の衣装 黒引振袖

 

黒引振袖 by胡蝶

黒引振袖 by胡蝶

 

かつて大正から昭和初期に人気のあった「黒引振袖」は、

今でも とても好まれる花嫁衣裳です。

 

袂は裾に届くほど長く、

黒の地色に描かれた吉祥文様や刺繍の美しさが、殊のほか映えた振袖。

その裾をお引きに着付けて角隠しをつけた花嫁姿には、

白無垢とはまた違った初々しさと気品が漂います。

 

「黒引振袖」は挙式のほか、披露宴のお色直しのシーンでもおすすめです。

白無垢よりは、衣装を着た時の重さを感じさせず動きやすい所も、

大きな魅力のひとつとなっています。

 

胡蝶提携の衣装室【マ・シェリ】では、全て正絹の上質なお衣裳を揃え、

完全個室のフィッティングルームをご用意しております。

お衣裳の見学会も行っておりますので、是非どうぞ。

 

料亭ウェディング・和婚コーディネートの「胡蝶」:執筆(KEIKO)

 

【和婚ブログ】和婚の衣装 色打掛

和婚の衣装 色打掛 by胡蝶

和婚の衣装 色打掛 by胡蝶

白以外の打掛を総称して色打掛といい、

室町時代に武家の女性が、小袖を着て帯を締めた上に

羽織のように打ち掛けて着ていたことから

打掛と呼ばれるようになりました。

 

白無垢と並び、とても人気のある花嫁衣裳で、

挙式は白無垢を、披露宴で色打掛をお召しになる方が多いようです。

 

赤をはじめ黒や緑など様々な色地に、

金糸・銀糸の刺繍、織りや染めなどの伝統の技、

そして、鶴亀、鳳凰、松竹梅といった吉祥文様があしらわれた衣装には

古来から続く幸せを願う気持ちが込められています。

 

胡蝶提携の衣装室【マ・シェリ】では、

表地も裏地も全て正絹の衣装を使用した上質なお衣装をご用意しております。

最初の着物試着から最終的なお小物合わせまで、

衣装担当が丁寧に対応させていただきます。

 

執筆:料亭ウェディング・和婚コーディネートの「胡蝶」(KEIKO)

【和婚ブログ】和婚の衣装 お小物

白無垢 扇子

白無垢に末広 by胡蝶

和装の花嫁衣装において
「筥迫(はこせこ)」「懐剣(かいけん)」「末広」という
必ず身に付けるお小物があります。

いにしえから続くお小物には、
花嫁の幸せを願う、とても深い意味が込められているのです。

「筥迫(はこせこ)」
武家の女性が紅や鏡、懐紙などを入れていた化粧ポーチのようなもの。
胸元にのぞかせることで、身だしなみへの心配りを表します。

「懐剣(かいけん)」
外出護身用に武家の女性が持った短刀。

現在では、衣装にその形だけが残り、剣は入っておりません。
武家の礼装だった打ち掛けを着るときは、懐剣を帯に挿します。

「末広」
扇子のこと。

開いた時の形から、末広がりに幸せを、という意味があります。
新郎新婦ともに持ちます。

 

婚礼のお小物は、衣装を華やかに引き立てるだけではなく、
そこには、愛する人と力を合わせ幸せを築いて欲しいという、願いも込められています。

 

胡蝶提携の衣装室【マ・シェリ】では、花嫁衣装を引き立てる上質な小物をご用意。
完全個室のフィッティングルームでごゆっくりお選び頂けます。

 

執筆:料亭ウェディング・和婚コーディネートの「胡蝶」(KEIKO)

【和婚ブログ】白訪問着で装う大人の和婚

婚礼会食会にもお似合い 「白訪問着」の花嫁衣裳

「白訪問着」で大人のウェディング   by胡蝶

ご婚礼の花嫁衣裳といえば 白無垢・色打掛・黒引振袖が人気でございます。  

披露宴というよりもお食事会の雰囲気でご希望の方や 花嫁衣裳は恥ずかしいわ という方に・・・純白の訪問着はいかがでしょう?

家族婚という身近な方とのご婚礼会食会にも とてもお似合いでございます。  

 

真白なお色に、手刺繍で華やかさを演出したお衣裳は、

芸能人や銀座の華やかな女性を顧客に持つ

着物デザイナー  野崎麗氏(銀座 レイ・コレクション) によるものです。  

 

お下見・ご試着からご案内をしております。

まずは、どうぞお気軽にご相談くださいませ。

執筆:料亭ウェディング・和婚コーディネートの「胡蝶」(KANAKO)

 

【和婚ブログ】和婚の衣装 角隠し

角隠し

和婚の衣装 角隠し by 胡蝶

 

花嫁の髪を装うものとして、

綿帽子の他に「角隠し」があります。

昔は女性が外出時に埃よけに被っていたものが、

花嫁衣装に用いられるようになりました。

 

白無垢や色打掛ほか、黒振袖といったお召し物にも

合わせることができる「角隠し」は、表地は白の正絹、裏地に紅色の布をつけて

花嫁様の頬を ほんのり染めるものもあります。

 

楚々とした愛らしさを醸し出す綿帽子に比べ、

文金高島田に結った髪の角隠しを付けた花嫁姿は、凛々しさが漂います。

連綿と受け継がれてきた伝統的な気品が感じられることでしょう。

 

胡蝶提携の衣装室【マ・シェリ】では、全て正絹の上質な衣装を揃え、

専門スタッフが丁寧に対応いたしております。

完全個室のフィッティングルームでは、ご家族様でごゆっくりお召し物をお選び頂けます。

 

執筆:料亭ウェディング・和婚コーディネートの「胡蝶」(KEIKO)

【和婚ブログ】和婚の衣装 綿帽子

料亭ウェディング・和婚コ0ディネートの「胡蝶」

和婚の衣装 綿帽子 by胡蝶

純白の花嫁衣装「白無垢」に「綿帽子」をつけた花嫁姿には、

厳粛な挙式での凛とした美しさが漂います。

 

花嫁様の頬を柔らかくつつみ、

優しさと可愛らしさをも醸し出す「綿帽子」は

もとは防寒用品だった真綿を引き伸ばして被ったものでした。

凛々しさと奥ゆかしさ、日本の伝統を踏まえた美しいお姿は、

忘れえぬ思い出になることでしょう。

 

胡蝶提携の衣装室【マ・シェリ】では、全て正絹の上質な衣装をご用意しております。

完全個室のフィッティングルームにて、衣装担当の専門スタッフが丁寧に対応させて頂きます。

 

執筆:料亭ウェディング・和婚コーディネートの「胡蝶」(KEIKO)

【和婚ブログ】和婚の衣装 白無垢

和婚コーディネートの「胡蝶」

和婚 神社での結婚式 by「胡蝶」

結婚式に着る衣装で、着物から小物類まで全て「白」で統一された装いを「白無垢」といい、

近頃の結婚式では、一番人気のあるお召し物です。

 

清浄感の溢れる「白」という色は、古代より神聖な色とされてきました。

純粋無垢な白い衣装を着ることで、二度と戻らぬ覚悟で嫁ぐという強い決心が感じられます。

白無垢は、文様や生地で贅を尽くします。

 

白と一口に言っても、正絹から化繊まで生地によってその色が変わります。雪のような真っ白からオフホワイトまで様々。

その生地に、鶴や亀などの祝文様が光に映えて輝きます。

 

胡蝶提携の衣装室【マ・シェリ】では、表地も裏地も全て正絹の衣装を使用。

上質なお衣装をご用意しております。

 

最初の着物試着から最終的なお小物合わせまで、

衣装担当が丁寧に対応させていただきます。

お衣裳のご見学も行っておりますので、是非どうぞ!

 

執筆:料亭ウェディング・和婚プロデュースの「胡蝶」(KEIKO)