和婚の衣装 色打掛 by胡蝶
和婚の衣装 色打掛 by胡蝶

白以外の打掛を総称して色打掛といい、

室町時代に武家の女性が、小袖を着て帯を締めた上に

羽織のように打ち掛けて着ていたことから

打掛と呼ばれるようになりました。

 

白無垢と並び、とても人気のある花嫁衣裳で、

挙式は白無垢を、披露宴で色打掛をお召しになる方が多いようです。

 

赤をはじめ黒や緑など様々な色地に、

金糸・銀糸の刺繍、織りや染めなどの伝統の技、

そして、鶴亀、鳳凰、松竹梅といった吉祥文様があしらわれた衣装には

古来から続く幸せを願う気持ちが込められています。

 

胡蝶提携の衣装室【マ・シェリ】では、

表地も裏地も全て正絹の衣装を使用した上質なお衣装をご用意しております。

最初の着物試着から最終的なお小物合わせまで、

衣装担当が丁寧に対応させていただきます。

 

執筆:料亭ウェディング・和婚コーディネートの「胡蝶」(KEIKO)