【和婚ブログ】和婚の衣装 紋付羽織袴

ご新郎の式服といえば『紋付羽織袴』
袴姿のご新郎からは、凛々しさが漂ってくるようです! 

着物と羽織には、家紋を白く染め抜いた「日向五つ紋」を付け、黒羽二重を用います。
袴は米沢を主な産地とした仙台平という縞の絹地織りが、代表的です。

袴は二種類あるのをご存知でしょうか?
武士が馬に乗る袴と同じように左右それぞれに足を入れる「馬乗袴」
スカートのように筒状になっている「行燈袴」 がございます。
胡蝶の提携衣装室では、古来より本式である「馬乗袴」を取り揃えております。

黒地の他に、グレーや白、茶など落ち着きのある色使いやぼかし染め、織模様のある色紋服等・・・男性のお衣裳も種類が豊富。 ご新婦のお衣裳に合わせるのもお洒落ですね。

じっくりとご試着をして、お似合いの袴をお選びになってください。

 

料亭ウェディング・和婚コーディネートの「胡蝶」:執筆(KEIKO)

関連記事

  1. 【和婚Q&A】契約前に、どんな衣装が借りられるか見…

  2. 【和婚ブログ】白訪問着で装う大人の和婚

  3. 【和婚ブログ】和婚の衣装 大振袖

  4. 【和婚Q&A】着付けをする家族の集合時間と集合場所…

  5. 【和婚Q&A】衣装室で試着をしたいのですが、どのよ…

  6. 【和婚ブログ】和婚の衣装 十二単

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。